なりと日記

© 2019 Narito Takizawa.

2019年8月の日記

人様の望むシステムを開発するのは大変だなと思いました

- プログラミング・IT

人様が望むシステムを作るというのは大変だよなーと、最近よく思います。趣味でWebサービスなりソフトウェアなり、何かプログラムをよく作る人ならば、おそらくみんな思っていることでしょう。

この画像を見たことはありますか。これは、「顧客が本当に必要だったもの」と呼ばれる風刺画です。

公式で厳密な答えがないと言われており、解釈というか、突っ込みどころが沢山あります。ただ、システム開発の困難さを伝えるには充分な画像です。画像のように、顧客が本当に必要なものを顧客自身が分かっていないケースというのは往々にしてあります。顧客の説明を開発者チームが正しく理解できるとは限りません。そして大きなシステム…

続きを読む

エルモ・ザ・ミュージカルで英語を勉強しています

- 英語の勉強進捗

この日記に、画像を簡単にアップロードできる機能や、Youtubeの表示機能なんかを付けたので、それのテストも兼ねた投稿です。

私は英語が全然ダメで、勉強しなきゃなーとずっと思っていました。特に、喋ったり聞いたりする能力を身に付けたいと思っていました。どうやら、英語のドラマや映画、そういった動画を字幕なしで見るのが良いそうです。

教材は色々オススメされましたが、直感的に「これだな」と思ったのがセサミストリートです。その中でもミュージカル形式で、1話完結型のエルモ・ザ・ミュージカルを見ることにしました。

この赤いのがエルモです。声が特徴的で、耳に残りやすい感じです。最初は聞きづらいと感…

続きを読む

私が個人事業主になった理由

- プログラミング・IT

「私がPythonを選んだ理由 https://narito.ninja/diaries/detail/12/ 」で少し触れましたが、私が個人事業主になった理由や、そこからどう生きてきたか、過去の振り返りも兼ねて文章に残すことにします。

私は職業訓練を経て2つのIT企業に入りました。それらの企業を辞めた理由は幾つかあるので割愛しますが、感じたことの1つは、企業というのは本質的に、営利目的の組織だということです。よく考えれば当たり前のことです。そもそも企業は金を稼がないと、お給料を払えません。昨今のIT企業を批判するつもりはなくて、これは当然のことです。ボランティアじゃないですからね。

そ…

続きを読む

ここ最近の食生活

- 雑談

私は今29です。若いと言われたり、もう若くないと言われたり、よくわからない年頃です。自分ではまだ若いと思っていますが、まだ若いんで〜とか言うと「もう20代後半だろ」と言われたことがありますし、かといって、もうおっさんだから、って言うと「20代のガキが何言ってんだ」と言われたこともあります。人生って理不尽なのですね。

まだ若いと思っていても、不摂生な生活をしていると数値に正直に出てくる年齢でもあります。10代の頃は何だかんだ運動の機会があったり、代謝とかそういうアレもあったのでしょう。それに、今の私は家で仕事しているし、何日も家から出なかったりするので、油断できません。

定期的に献血に行く…

続きを読む

ペットを飼いたいです

- 雑談

私は動物が結構好きで、動物であれば何でも好きです。私のUdemyのプロフィール写真も、ヘビを巻いた写真ですね。

これは数年前に、ノースサファリという動物園で撮りました。ヘビだろうが何だろうが動物は可愛いものです。ここでは鷹を肩に載せたり、密室でワニの横を通ったり、ヤギにかじられたりと、面白い体験が沢山ありましたね。また行きたいです。

過去には犬と猫を飼っていました。どっちも心が癒やされるのですが、今度ペットとして飼うならミニブタもちょっと気になっています。つぶらな瞳をしているし、頭も良いようです。ミニブタという名前のくせに普通のブタサイズになることもあるそうなので、飼う環境はちょっと…

続きを読む

Django入門書の進捗 8/23

- 書いている本の進捗

書籍ですが、仕組みや流れの解説を多めにしているため、概念としては割と複雑なモデルやマイグレーションに関する部分の扱いは結構大変で、どう説明したらいいかなーと悩みの多い部分でしたが、その部分もある程度終わりました。

入門書の類を書いているとよくあるのですが、書籍のはじめのうちは、出てくる用語や概念の殆どは未説明の状態です。そして、ある概念を説明しようとすると、それに必要な概念も説明が必要...みたいな状況に陥りがちです。一度に一気に説明しても大変なので、それらをどうやって書籍内で分割したり、順序立てるか、といった構成に関する部分も大変ですね。これが上手くできている本は、本当にスムーズに読める…

続きを読む

Django入門書の進捗 8/18

- 書いている本の進捗

現在執筆中のDjango入門書ですが、私の目測では、全体の1/3ぐらいが終わったかなという印象です。今月は執筆作業に専念できそうなので、早ければ今月中に原稿が終わるでしょう。

今回の書籍は、Djangoフレームワークの仕組みや流れであったり、そういった部分の説明を多くしています。随分前にUdemyにDjango講座を出し、あちらはDjangoの使い方といった説明がメインでしたが、やはり仕組み的な部分をちゃんと説明するべきだな、と強く痛感しました。

HTTPの簡単な流れや、DjangoがHTTPの流れにおけるどの部分で動作するか、モデルの説明をする前にデータベースの概念も軽く説明する、とい…

続きを読む

私がPythonを選んだ理由

- プログラミング・IT

最初に断っておくと、この記事はPythonの言語としての優位性をどうこうとか、そういう話ではありません。結論としては、Pythonを選んだのは偶然のようなものだし、自分の環境や好み的にはPythonは正解だったかな、という程度の話です。

私がこの業界に入ったのは、職業訓練を経てからでした。IT関係の職種に就きたいと思い、ハローワークの職業訓練...正確には求職者支援訓練というくくりだったと思いますが、それに申し込みしました。その地区の訓練はJavaという言語のものしかなく、当時はプログラミング言語という概念すら理解がふわっふわっな状態でした。この職業訓練は良い先生にも恵まれ、基本を身につけ…

続きを読む

小樽に行ってきました

- 雑談

昨日は、友達と小樽に行ってきました。男3人、童心に戻って色々と遊んできました。天気もよく、札幌と違って無駄に高いビルもないせいか、日差しも眩しく健康的な日和でした。ちょっと暑かったですが、やっぱ旅行は快晴の日に限りますね。

お昼ごろに着いたので、さっそくお昼ご飯。せっかくの小樽だし海鮮系が良いよね、ということでそれっぽいお店に。私が食べたのは本マグロ丼です。お店の名前は忘れましたが、おいしかったです。

小樽で外せないのがオルゴールですよね。なぜか乗り気じゃない友達を半ば強引に連れ込み、オルゴールを作ってきました。海鳴楼というお店です。彼女にオルゴールをあげたいなと思っていたので、真剣…

続きを読む

ビアガーデンに行きました

- 雑談

昨日は、東京の友達や地元の友達と遊びに行っていました。

スープカリーを食べたり、ボードゲームカフェに行ってみたり、夜はビアガーデンに行きました。実はビアガーデンは初めてだったのですが、夜に外で飲み食いするのはなかなか楽しいです。

友達が写真を撮ってくれたのでもらいました。なんかこう、カッコよく見えます。嬉しい。やたらお腹が出ているように見えるのは気のせいです。多分...

今日は小樽へ行く予定です。オルゴールとかガラスをやりにいきたいですね。

続きを読む